×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

EGF発見でノーベル賞 アレルギー肌に低刺激の化粧水

EGF発見でノーベル賞

EGFは現在とても注目されている成分で、様々なところでEGFの言葉を見かけるようになりました。EGFの言葉と同時によく「ノーベル賞受賞成分」という言葉も目にすることが多いと思います。

 

 

ノーベル賞と効いただけで「すごい」「なんだろう?」と興味がわきますよね。EGFは、1962年にアメリカの生理学者スタンレー・コーエン博士が発見しました。この発見で、コーエン博士はノーベル生理学賞を受賞したのです。

 

 

ノーベル賞を受賞してしまうくらい、EGFの発見は画期的な発見だったのでしょう。EGFは「Epidermal Grouth Factor」の頭文字をとったもので、日本語では上皮細胞増殖因子という言葉になります。

 

 

EGFは細胞を再生させる因子のことで、皮膚の表面にある細胞に働きかけて分裂、集合を繰り返しながら、新しい細胞の生産を急速に促進します。これによって、血流をよくし、血管を修復しコラーゲンの蓄積を促します。

 

 

ですから、美容のためだけでなく、火傷の治療の為の皮膚移植や角膜切開の傷の治療などにとても有効で、医学の分野でも使われています。EGFを発見したことでノーベル賞を受賞できたことも、そのことからすれば頷けますね。

EGF発見でノーベル賞関連エントリー

EGF発見でノーベル賞
アレルギー肌に低刺激の化粧水
EGFとノーベル賞
アレルギー肌に低刺激の化粧水